摂理メンバーが書いた記事

ツバメのパントマイム

先日、大阪教育大学に行った時に懐かしいものを見た。

 

ツバメの巣

 

大阪教育大学は山の上にあるから、かなり自然豊かだ。

虫も沢山いるし、サイズがデカい。

虫が大丈夫なまっちゃんも掌サイズのムカデがエスカレーターの手すりに載っていた時はギョッとした。

また、猫も多かった。(今はほとんどいない)

小鳥も沢山いるし、カラスも多い。

時々イノシシも出るらしい。(まっちゃんはまだ見たことが無い)

 

でも、校舎にいるのはツバメ。

 

食堂などがある棟と、入り口すぐにあるA棟をつなぐ廊下の上には、ツバメの巣があった。

毎年ツバメが巣をつくるから、下に糞がおちても大丈夫なように段ボールが置いてある。

大教生はこれを見ると(あ、ツバメの季節か~)と思う。

生協の真ん前の入り口にもツバメは巣を作る。

生協の入り口なのに、段ボールが置いてある。

 

そんな大教。

先日、ツバメ用の段ボールがあったので、上を見ると巣があった。

その傍を親鳥が飛んでいた。

まっちゃんたちが廊下に入って来たので驚いたのか、あちこち飛び回っていた。

そして、止まった。

どこに?

 

壁に!!!

 

エッ??

そこ、止まれるの?

 

巣も無いのに、あたかも巣があるかのようにピタッと止まったツバメを見て、思わずツッコんでしまった(笑)

ツバメのパントマイムだ。