摂理メンバーが書いた記事

庭の梅が咲き

数日前は、また雪も降っていたのですが、

そんな中でも、庭の梅の花が咲いています。

九州の梅の花はこの時期に咲きますね。

(明日には写真も撮ってみようかな^^)

「あぁ、今年も確実に春が来ているんだな…」

と、見ながら思いました。

 

もし梅の花が4月に咲いたら… うまく実らないかもしれないですし、

他に4月に咲く花に負けて注目してもらえないかもしれない。

梅の花は「今、咲いてこそ美しく」、

時を知らせ、

初夏に実を実らせる事で、

梅の木の役割を果たしている。

 

20141022-82_Ja

万物のように「時」にしたがって生きなさい。

「時代」にしたがって生きなさい。

 

「梅の花が咲く時は、今」なのですね

ただ、素直に「時」にしたがって生きているのですね ^^

 

20150522-21_JA

<時を守って生きること>がどれほど重要なのか

「必要性」を知らなければ、

時を逃して生きているうちに落胆し、

恨(ハン)になって生きるようになる。

鄭明析(チョン・ミョンソク)牧師の御言葉より

 

雪が降っても、急に高温になっても2月には咲く九州の梅の花。

人間の肌に冷気が触れると「まだまだ春は先かな…」なんて思ってしまいますが、

その中でも、梅の木にはちゃんと分かっている。

そんな梅の木が、花を咲かせてくれるから

人間はその花を見て「あぁ春が近づいているのだな」と確信する。

人間って鈍感なのでしょうかね^^笑

 

春の訪れを知るだけでなく、

万物のように、素直に「時」にしたがって

自分の花を咲かせなければと思います(*´▽`*)

 

後悔のない人生を送るために、

今日も時にしたがい、時代にしたがって生きらんばね~!!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村