摂理メンバーが書いた記事

自分の性質を変化させること

直すべき所が沢山、ある私。

何が長所で短所なのか。

短所も見方を変えれば長所になりますし、長所も出し過ぎると短所に見えてしまいます。

場に応じて、必要な分発揮するためには、

やはり、直すべき所は沢山ありました。

しかし、そう簡単には直らない(;^ω^)

御言葉を学ぶなかで、画期的だったことの1つ。

20130808-19_Ja 祈り 性格の変化
「祈り」で性格を変化させることができる。
-鄭明析牧師の御言葉より-

えーーっ!!! お祈りで性格が変わると??(≧◇≦)

聞いた時は、驚きました。

人間(私)を創造された神様ですから、私の性格を変えて下さいと祈り求めることは、

当たり前と言えば、当たり前ですが…

そこでちょっとずつ、やってみることにしました。

やはり最初は、半信半疑でしたけれど(;^ω^)

 

直すべき所が沢山ある私です。

その中の1つに人前に出ること・目立つことが本当に苦痛だったんです。

学生までは、そういう場があっても、何とか回避できたり、

苦手ながらにやりつつも→私自身が残念な結果に終わる程度で、どうにかなりました。

(チーナはあがり症だもんね。と、あたたかく見守ってくれる仲間に助けられていたのです)

社会人になると責任も伴いますから、そうはいきませんよね?

会議やプレゼン、学会での発表と、私一人の問題ではなくなってきます。

 

祈りましたね。

「神様、私の緊張しすぎる性格を直して下さい。聞く人にきちんと伝わる話し方が出来るように共にして下さい。…」

緊張しすぎる事には、色んな原因がありました。

お祈りして主に助けて貰いながら、場をおさめられるようになり、

御言葉と共に、自分の性格を省みて1つ1つ解決させていけるようになりました。

 

このように、お祈りし始めてから数年目の時、

私にも学会発表という大きな場が訪れました。

御言葉を聞く前でしたら、完全拒否だったと思いますが、お祈りしながら主と共に挑戦しました。

 

発表原稿や資料の準備は完璧。後は本番のみ。

緊張感は高まりました。自分の体が高揚して汗がにじんでくるのも感じられました。

それでも、登壇し質疑応答にも落ち着いて返答できた事は、私にとって奇跡でした。

\(^o^)/ハレルヤー✨主よ感謝します~

話すことに苦痛を感じない人からは、「そんなこと~」だと思いますが。

お祈りは本当にすごいですし、

そのように、自分でやろうとしても難しかった事は、主と共に行うなら

変化していく事を実感できます。

20130712-35_Ja
自分の性格、習慣、癖、血気を直した人は・・・
ちょうど砂地に植えた自分という木を肥沃な土地に移して植えたのと同じで、
水を与えることに神経を使わないように、
血気と憤りと性格と習慣のことに神経を使わなくなる。
-鄭明析牧師の御言葉より-

アーメン!! 本当にそうなんです!!

あんなにコンプレックスを持っていた自分の性格、苦手だった事に対して、

神経を使わなくなりました(*´▽`*)

自分の心に平安があり、希望が満ちます。

本当にそうなるので、

摂理の御言葉にはいつも感謝感激ばかりです!!

主よ、感謝します~\(^o^)/
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村