摂理メンバーが書いた記事

国家試験 3 共になさる神様

摂理好きチーナの国試エピソードも最後です。

国試前日に、何となく神様に「私の運命はどうなっているのでしょうか?…」とお祈りして、

なぜか気になった参考書を1冊だけおさらいして迎えた当日。

 

前日に見た問題がそのまま出て、嬉しくて「神様、感謝します~」と心でつぶやき、

体も限界でへとへとでしたが、最後まで諦めずに真剣にのぞみました。

 

翌日、学校に出て自己採点を行います。

 

私「うーん……ギリギリだな…。これは受かっているのかな?」

「まぁギリギリでも、ずっと合格ラインに達していなかった事を思えば、諦めずに最後まで頑張った方だな」と思っていたのです。

自己採点をしたら、教員に報告しないといけません。

担任の先生が私の点数を聞きなおしました。「頑張ったね」と一言。

ちょっと不思議でした。でも、諦めにずにやったからかな、と思っていました。

 

そして、クラスメイト同士でも「どうだった?」という話になりますね。

私の成績はずっと底辺でしたから、てっきりみんなは余裕に点数がいいのだろうと思っていました。

すると、どうやら様子が違います。

 

それは、試験当日からもそうでした「今回、難しいよね?」「やばいよね」など声は聞かれていましたが、

人の言葉って、ね?(*´▽`*)笑

 

自己採点が終わって、涙目になっている子もいます。

どうしたのだろうか?と心配になりますよね?

合格ラインギリギリの人が多く、中には、明らかに足りないから、きっと難しいだろうと、落ち込んでいるのでした。

 

「えー(@_@)」私は、驚きました。自分に何が起きたのだろうか…と。

 

私の自己採点はギリギリ。実際に、合格の通知を受けて悟った事は、

前日の最後に見直した、あの問題1問で合格が左右されていただろう、という事でした。

 

あの夜、「なぜか気になった参考書」は、

神様が私に感動を下さって、問題を教えて下さったとしか思えません。

 

もちろん諦めはしませんでしが、本当に不思議であり、

「主の御名で祈るって、このお祈りはすごいな。御言葉って本当なんだな」と実感する事になりました。

 

あの国試から5年。

私はこの仕事をする運命にあったようです^^

合格しましたから、その国家資格で、病院勤務をしています。

 

20140916-37_Ja

祈りなさい。そうすれば自分が何をもっとすべきか、感動が来て思い浮かぶ。

 

20151021-1~3_Ja

もう少しやれば、運命が変わる。

もう少しやれば、問題が答えに変わる。

もう少しやれば、違った世界だ。

鄭明析(チョン・ミョンソク)牧師の御言葉より

 

神様が「なぜか気になるように」感動を与えて働きかけて下さり、

寝ようとしていたところに、あともう少しだけ勉強してみて運命が変わったと言えます^^

 

受験生のみなさん、

最後まで諦めずに、「もう少し」行って、

悔いが残らないように、試験を受けてきてください!!

お祈りで応援していま~す\(^o^)/

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村