摂理メンバーが書いた記事

うつ病の治療に愛の言葉を -鄭明析牧師の御言葉で、考えを新しく-

うつ病、抑うつ症状、心の病の治療に、摂理・鄭明析牧師の御言葉をお届け〜!

※服薬中の方は、決して自己判断でお薬をやめないように明記致します。

私は人生の指針として、鄭明析(チョン・ミョンソク)牧師の御言葉を学んでいます。

その中でも、心や精神が弱くなった方、うつ病、抑うつ症状の方にも、

是非、知って頂きたい、御言葉をご紹介したいな~と思い、

回復を願うお祈りと共に、お届けします(*´▽`*)お気軽に〜♪

 

まず「心」についてですが、

「心が弱くなった」と言ったり、聞いたりしますよね?

 

鄭明析牧師の2013年8月28日の箴言の中で、

それぞれ自分の名前があるように、脳の名前を「心」と名付けた。

人間の命の根源は「脳」にある。聖書で「心」と言ったが、これは脳を心だと言ったのだ。脳があってこそ心が発生し、脳があってこそ体を動かし、作動させることができる。だから命の根源は「脳」だ。

アーメン!! (私もそう思います。その通りですね。という言葉です。)

あなたは、アーメンですか?

うつ病の治療の中で、お薬を処方されて飲むのはなぜでしょうか?

主治医や薬剤師からの説明で、

「脳の伝達物質」もしくは「脳の動き」「脳の働き」をコントロールするためだと、

聞いたのではないでしょうか?

 

精神の病を「心の病」と言ったりしますが、

鄭明析牧師の御言葉にもあるように、

脳の名前が「心」なのです。

ですから、「脳の病」と言うことになります。

うつ病、抑うつ症状は「脳の病」なのです。

知らなかった方、

言われてみれば「ああ、そうか」と思った方もいるのではないでしょうか?

 

心の病 ➧➧➧ 脳の病を、鄭明析牧師の御言葉で、考えを新しくしてみませんか?

 

~知恵のことば(摂理 鄭明析)~「脳が先だ」