社会人生活

マスコミの技術職になるならこれだけは必ずやっておこう!

どんなことを準備しておけばいいの?」と思っている方も多いと思います。 そう思っている方はもはや、最初の一歩を踏み出しております! 入社したら即戦力になること間違いなしでしょう!本当に!! 入社して「これぐらいはやっておけば、仕事の流れに乗りやすくなる!」というものを分かり始めてきたので、僭越ながらこちらで紹介していきたいと思います。    

情報系の知識を習得しておく

マスコミに限らず、システムエンジニアなら情報系の知識を会得しておけば、仕事の入りはとても楽になると思います。 入社してから勉強しても遅くないという話はよく聞きますが、逆を返せば前もって勉強しておけばいろんな対策を備えることができるわけです。 それに入社直後は環境も人間関係もがっつり変わるので、気疲れや社会的マナーを身につけることでけっこう精いっぱいだったりします。 家に帰ってから勉強しようとしてもなかなか疲れて気力がわかないことも(-_-;)。     勉強するのは、早いにこしたことはありません。 ちなみに情報系の知識を身につけるにはどういう風に勉強したらいいかということが気になるところであります。 ひとえに情報系といっても、幅広い分野に分かれていますから基本的なところを学ぶだけで十分だと思います。 情報系に触れてこなかった人にとってはどれが基本なのかもわからないので、資格試験の勉強をすれば正確に基本をマスターすることができるのでこちらが便利!   基本情報技術者試験   こちらの試験にはシステムエンジニアには欠かせない内容が詰まっています。 試験を受けないにしろ、こちらの資格の勉強しておけば、基本的な情報系の知識は網羅できるのでぜひ手に取ってみてください(^^♪    

株や投資についての仕組みを知る

システムエンジニアだからといっても、もう一つの肩書きはマスコミを背負っています。 毎日のようにニュースで流れてくる金融関係の情報。 いくらエンジニアとしての知識が身についたとしても、情報を扱うツールにしか過ぎないのですが、ニュースの内容の特性を理解することで技術もふさわしく使っていけるわけです。 ですから、頻繁に情報が入ってくる株や投資についての仕組みを知ることはとても重要です。     以下のことはおさえておいたほうが有利になるでしょう。
・株の始まり ・商品先物取引について ・不動産の仕組み ・企業の経営について
    実際に株をやってみるとすぐに覚えるのは間違いありませんが、お金に余裕のある時にだけ投資することをオススメします。 浅知恵で株をやると取り返しのつかないことにもなりかねませんから、投資をするときには綿密に調べてから慎重に。    

多様なスポーツへ関心を

スポーツ配信の仕事が来ることもあります。 自分のやったことのないスポーツのルールを正確に知っていますか? ルールを知っているのと知らないとでは、システム構築へかかる時間に大きく影響してきます。 せめて、オリンピックの競技種目のルールくらいは把握しておくように関心を払っておくと、かなり楽になります。 個人的にはスポーツが大好きだったので、ここだけは苦労はしませんでした(;^_^Aフ~    

前もって準備できることはやっておこう

  入社準備にかかわらず、さまざまな場面で前もって準備しておくという行動は成功へのカギとなります。 予めやることが決まっていることに関して、準備できることがあるのなら最善の備えをしておくべきです。 それが自分の未来を輝かせる結果をもたらすでしょう。 では!(”◇”)ゞ]]>