こども・子育て

なぜ子育てに真理が必要なのか

真理、と聞くと
難しく感じる人も多いのではないでしょうか。
「子育てと、何の関係があるの?」
と思うかもしれません。

でも真理って実はシンプルなものなんです。

内容を聞けば、
「当たり前だよね」
「そりゃそうだよね」
と誰もが言うことだよ、と
私が御言葉を学び始めたときに
先輩から言われました。

真理とは、
「すべてに通用するもの」
です。

木に喩えるならば、幹です。
枝葉はいろいろあるけれど、
すべて大元をたどれば1つにたどり着く。
それが真理です。

聖書には、人間を創ったのは神様だとあります。
ならば、人間の最上の取り扱い方については
神様の右に出る人はいないはずです。

真理はいわば、人間の取り扱い説明書(原本)。

大元を学ぶことによって、
枝葉の部分も辿ることができるはずです。
もちろん、努力は必要ですが…。

(この、ぽーんと答えが
与えられるわけではないところ。
もどかしいというか、
いけずというか、
もったいぶらないで教えてよ~と
思うこと、私も多々あります。

でも、学び、研究し、辿る経緯や
苦労して手に入れるからこその喜びを
一緒にプレゼントしてくださるのが
神様なんです^^

簡単に得たものって
すぐに忘れてしまったり、
飽きてしまったり。
得るのにかかった時間や努力、
あるいは思いがない分、
価値通りに受け取れないことってありませんか?

子どもにも
「やってみて、自分で見つけてごらん」
なんて大人はよく言いますし、
私も成長過程でよく言われた覚えがありますが、
神様も同じ心情なんですね。)

だから、真理(幹)を学ぶことによって、
生活(枝葉)にも応用できるのですね。

生活する中で、
「真理と一緒!」なことを見つけたとき、
合っているという自信にもなるし、
なぜだか嬉しくなります。
「あぁ~、あるある!」
だからでしょうか?

「なんだか難しそう」に感じる方も
「今さら勉強はちょっと…」な方も
今日の写真のように肩の力を抜いて、
ちょっと触れていってもらえたらと思います。