こども・子育て

まずは自分を愛すること

子育てをする上で、
子どもを愛する前に一番大切なのが、
自分を愛することです。

自分を愛していないと、
子どもを愛せないからです。

自分自身を最後まで信じてあげ、
愛してあげず、
自ら認めてあげない人は
人としきりに比較するから結局倒れる。
生活がなかなか矯正できなくても、
自分の心が繰り返し折れても
自分をとがめるのは間違った方法だ。

そのような間違った考えは、
あなた自身を傷つける。
考えの傷を持っていると、
人を愛することも難しいし、
他の人が来て、
ある行為を矯正してくれたり
間違いを指摘したりすると、
落胆してすぐに折れてしまう。

<2016年3月23日 摂理の御言葉
『自分を愛してこそ、主の愛も見える』より>

自分を愛する。
日本人の自己肯定感は
世界の中でも低い方ですよね。

あの人はいいな、ステキだなと思っても、
自分っていいな、ステキだななんて
思える人は少ないかもしれません。

でもまずは自分を愛さないと、
相手を本当に愛することは
できないんですね。

聖句にも

第二もこれと同様である、
『自分を愛するようにあなたの隣り人を愛せよ』

<マタイによる福音書第22章39節 より>

とあります。

「自分を愛するように隣り人を愛する」とは
「隣り人を愛する」前提条件として
「自分を愛して」いなければなりません。

子どもを愛せてないかも、
と思ったとき、
本当に自分が自分を愛しているのか
確認してみることが解決に
繋がるかもしれませんね。

そのように愛されて育てられた子どもは、
自分を愛し、
隣り人を愛し、
何かできてもできなくても、
自己肯定感高く
価値ある存在として自分を認められます。

そして、その自己肯定感をベースにして
いろいろなことに挑戦し、
困難にもへこたれずに
自分の道を切り拓く子になるのでしょう。

私自身はそのように育てられてこなかったし、
自分の子どももまだ2歳で
結果が出る時期ではないので
エラソーに語ることはできませんが、
自分を愛することを忘れずに
自分を育て、子どもを育てていきたいです。