日常生活

考えをはっきりさせる方法

具体的な目標を立てる。

目標を立てるとき、抽象的だとなかなか実践に移しにくいものがあります。 抽象的な目標とは極端に言えば、「勉強を頑張る」とか「お金を稼ぐ」とか。 これだと、いざ、勉強をどれくらい頑張ればいいのか、お金はどれくらい貯めればいいのかちょっと曖昧です。 行動がぼやけて、生がぼやけてしまいます。 1日単位で考えてみてみるとよいでしょう。 「勉強を1日2時間する!」 「お金を1日当たり3000円を稼ぐ!」 といったように、具体的に数字に出してみるのもいいかもしれません。 そうすれば、目標が達成したかどうかも明白です。 実践しやすく、行動もぼやけません。
御言葉を読むこと、聖書を読むこと、賛美をすること、祈ること、、、 具体的に目標を立てることで信仰の生をぼやけさせないではっきりさせていけるはずです。 それでも、根本は主に向かう愛なので核心を忘れずに…   0000063141_905056c1ac1dad141560467e0a99e1cfn  
<考え>がはっきりしていなければならない。 <考え>がぼやけていたら、 まるで<目>がとろんとしていて見るようで、 <生>がぼやける。 鄭明析牧師の明け方の御言葉より
]]>