日常生活

5秒で実践〜知恵のことば(摂理 鄭明析牧師)〜「春の日」

雪   でも、皆さん! 冬でもないのに「寒い、冷たい」と感じる時がありませんか?   「???」 分かります? 勘が鋭い方はお分かりだと思います^^   たとえば、 お笑いのシーンで⇒滑ったとき。 寒いオヤジギャグが出たとき。(全国のオヤジギャグLOVEの皆さん、すみません。) 等々はまだ良い方で、、、   生活の中で、 一緒にいる相手を怒ってしまったとき、手が出てしまったとき、また、親しくしている人に自分の愛情が伝わらなかったとき、子どもに、恋人に、人生の伴侶に、あたってしまったとき、、、 とっても冷たいですよね。   いったい、何が冷たいんでしょうか? 「その場の空気感?」 それもあります。   しかし根本は、 「相手を許せなかった自分自身の心」 が冷たいと感じるんです。 これは、冬も夏も関係ありませんよね。   対人関係において、まるで春の日のように穏やかな生活を送るために、 鄭明析牧師知恵のことばを教えてくださいました。 [caption id="attachment_73" align="alignnone" width="300"]摂理 鄭明析牧師の御言葉©Mannam&Daehwa 摂理 鄭明析牧師の御言葉©Mannam&Daehwa[/caption]   「憎んだら心が凍りつき、 愛したら暖かい春の日になって、 心の氷が溶ける。」   確かに、自分が憎んだら、どういう理由があっても自分の心が地獄のように苦しいですし、 逆に愛したら、許したら、自分の心も天国のように何か暖かいものに満たされますよね。 皆さん、生活の中でご経験済みだと思います。   ぜひ、自分の心が凍りつきそうな場面に出くわしたら、 自分から愛して、許して、暖かい春の日のような心を感じてみてください。   暖かい春の日が来る前に、さっそく自分の心に春を迎えてみましょう^^ [caption id="attachment_74" align="alignnone" width="300"]暖かい春の日 暖かい春の日[/caption]          ]]>