日常生活

こころ暖まる~愛の詩

愛の詩をお届けします。  

『初めの愛』

最初

誰でも

互いが

100%

好きで

愛を

した。

歳月が行き

訪れて来て

みんな

変わって

離別も

し、

半心半の

愛で

生きて

いく。

(鄭明析牧師の詩)

  初めの愛は100%愛したとしても、歳月が流れるにつれてその初めの愛がだんだんと冷めてきて、心が離れ、思いが離れ、身体が離れて、半心半の気持ちで生きていく。何となく一緒にいるから、仕方なく生きていくようなものです。 初めは熱く、あとから冷めるのはよく聞く話ですが、 初めは熱く、あとからもっと熱く、時が経つにつれてさらにもっと熱く愛するという話は、 あまり聞いたことが無いのではないでしょうか。   一生涯をかけて、一人の方を愛し抜く。 かっこいいですよね。 また、純愛ですよね。 鄭明析牧師は、そのような愛をされてきた方です。 自らが愛する方を、一度も裏切りませんでした。 完全な愛を貫き通しました。 そして、ただ受ける愛ではなく、自ら先に愛し、先に与える愛を変わらずにしてこられました。 数か月、数年ではなく、愛し始めてから、今に至るまで、ずっとです^^   そのような変わらない愛の生から、 『初めの愛』という詩が誕生するようになったとYoは感じます。   私たちも、『変わらない愛』で、熱く生きていきましょう(^^)☆]]>