日常生活

【名門】立教大学の素晴らしい教育の原点

立教大学 立教大学[/caption] 長崎では見たことがない美しさ! 素敵だ♪ と当時、一人感じていました。   そんな立教大学の教育の原点が素晴らしく、人間の本質を非常に捉えた教育をされているのだなと、感動しました。 その教育の原点とは、以下のような内容です。 『本校の教育は元来3つの要点に着目している。即ち体育、智育、霊育である。…されど本校教育の眼目点は霊育にある』 (参照:立教大学ホームページより)   なんと、立教大学の教育の眼目点、すなわち核心は『霊育』ということをおっしゃっています!   『霊育』という言葉。聞きなれない言葉ですよね。 みなさん、『霊育』分かりますか? 実は、日本ではあまり馴染みがない言葉の一つだと思います。   そもそも、『霊』を育てるって何だ? となりますよね。 その意味をわかるためには、『霊』についてわからなければなりません。   元来、立教大学は宣教師のチャーニング・ムーア・ウィリアムズ主教という方によって創設されました。即ち、キリスト教の精神に基づいて建学されたということです。 聖書では、人間は、肉体・心・霊の3つから構成されている存在であると、記されています。 『どうか、平和の神ご自身が、あなたがたを全くきよめて下さるように。また、あなたがたの霊と心とからだとを完全に守って、わたしたちの主イエス・キリストの来臨のときに、責められるところのない者にして下さるように。 』 (新約聖書:テサロニケ人への第一の手紙5章23節) すなわち、人間の本来の姿として、肉体の成長、知恵、知識の成長(心の成長)、そして、霊の成長を取り上げ、最も核心的な成長ポイントとして、『霊の成長』を強調していたということです。 確かに、立教大学にはチャペルもあり、とても綺麗だったのを覚えています。 人間の肉体を治めるのは、心であり、心を治めるのは、人間が本来持つ『霊』だと言われています。   立教大学は、『人間の根本』に迫る教育に重点を置いた、国際的な人材を育成しようと取り組んでいるのです。 日本の名門、立教大学、ぜひ世界に活躍する人材が輩出されることを期待します☆     ランキング参加中☆応援よろしくお願いします^ ^ にほんブログ村 ライフスタイルブログ あたたかい暮らしへ にほんブログ村]]>