つれづれ

永遠な道

今日はチョンミョンソク(鄭明析)牧師の詩を紹介します。

「永遠な道」

天と地の道

人生の道 二か所に向かって

同時に

行くことはできない

地に背を向け

永遠な命の道

天の道だけを

主と共に

行かなければならない

祝福をくれたら

それは

夏の木陰のように

しばし入って休んで

天の永遠な

人生の道を

行かなければならない

そうしていたら

黄金の門が

前に見える

その門を

開けて入っていけば

永遠な愛と

理想の世界だ

そこに

行かなければならない

【詩人としての鄭明析】
1995年に月刊「文芸思潮」に登壇した後、「霊感の詩」4冊を発表。2011年に韓国100年史詩人に公式登録。2013年、各書店にて詩集ベストセラー。現在も、詩作の手綱を緩めることなく、今までに3000編あまりの膨大な詩を発表している。

 

永遠な道も知らなければ、行くことができません。

誰よりも救いを求めていらっしゃったチョンミョンソク牧師は

たくさんの人がその道を歩めるようにと日々、お祈りし実践されています。

その道があったとしても、知らない人が多いから、知ることができるようにと。

『<分かって行なって実践する人>だけが、

 「新しい時代のもの」を得て、使い、享受して、喜ぶ。』