つれづれ

よい牧者

人生の道に迷った時、助けてくださる方は誰でしょうか?

みなさんは

神様が遠い存在だと思っていませんか?

何かアクシデントがあった時、、、

「神様、助けてください」と思ったりしていませんか?

たいていの人はそう思うのではないでしょうか?

神様はいらっしゃいます。

根本的なところで神様がいることをわかっているのではないでしょうか?

ただ、神様、ハッキリとわかる形で助けてくださるわけではありません。

でも、実際、神様は私たちを助けてくださっています。

主は私の牧者であって、わたしには乏しいことがない。

と聖書にもありますが、

神様が共にして下さるなら、心強いですよね。

導く人がしっかりしてこそ、うまくいくのであって、

そうでなかったらどうなるでしょうか?

例えば、学校の担任がしっかりとした人なら信頼もできて安心ですよね。

会社でも代表者や課長などがしっかりした人、面倒見のいい人ならどうでしょうか?

ついて行きたいと思いますよね。

ましてや、神様がそうであるならばどうでしょうか?

<環境>がよくなくても、「導く人」がいて自分を導いてくれ、

神様が治めてくださり、管理してくだされば、「希望」で生きる。