つれづれ

焦点をあわせる

今日は、何の日でしょうか?

いつの間にか?

1ヶ月が過ぎて、2月になりました。

あっという間に時間は過ぎますよね。

みなさんは今、何に焦点をあてていますか?

人生を生きる中で人は様々な転換期を迎えますよね。

生まれる時、それは選ぶことはできません。

受験する時は・・・

自分で決めれる人もいるでしょうけど、親の意思が働く場合もありますよね。

就職する時はどうでしょうか?

自分で選びましたか?それとも、家業を継ぐ必要がありましたか?

そして、結婚。

子どもの出産、進学、就職、結婚と続くのではないでしょうか?

その間にも、親しい人と不幸による離別もあるのではないでしょうか?

でも、だからと言って、時の流れは止まらないので、、、

その都度、判断していかないといけませんよね。

だからこそ、焦点を合わせることが大事です。

その都度、必要なことを考えずに別の事を考えていいでしょうか?

僕は幸いなことに、人生を生きる中で様々な転換期をあるにしても・・・

焦点をあわせるべきところを知るようになりました。

心が定まった時に、人は動きます。

目標を持った時に、その目標を成すために人は動きますよね。

様々な転換期を迎えたとしても・・・

お腹もすくし、眠たくもなるように、時が流れます。

そうですよね。

その中で、神様を知って、御心を知り、生きる目的を得れたことは本当に幸いなことです。

目的もなく、ただ、人生の終焉を迎えていいでしょうか?

そこが終わりではないのです。

永遠に至る道があるのです。

私も知ってこそ、学んでこそ、わかることがあることを知りました。

皆さんも学んでみませんか?