つれづれ

比べて安心

子供の成長って
特に第一子だと、
自分が通ってきた道とはいえ
自分には記憶がないから、
基準となるものがありません。

あるいは第二子以降でも
「上の子はこんなんじゃなかったのに」
なんて言ってるママさんも
よくいらっしゃいます。

育児書の通りには育たないって
よく言うけれど、
じゃあ、何を見れば?

人はどうして、
比べることで安心してしまうんでしょうね。
ちょっと成長が早かった、安心。
ちょっと成長が遅い、心配。

自分でも「バカだなぁ」って思うけれど、
そう、過ぎたら
「なんであんなに気にして比べたんだろ」
って思うけれど、
いつのまに刷り込まれているんでしょう。

先生が話してくださる御言葉を聴いたら、
こんな言葉がありました。

人々を見て『似たり寄ったりだ』と言って
<単純>に考えるな。
似たり寄ったりのように見えても、
人はそれぞれ千差万別だ。

外見的にただ見るだけでは
「あの人の考え」が自分の考えと
それほど違わないように思えても、
いざ自分の自由意志どおりに行なうのを見たら、
<行なうこと>が違い、
<希望し追及すること>がまったく違います。
このように<考え>が違います。
<願うこと、希望すること、
追求すること>が違います。
つまり<個性>が違います。

<2016年3月20日 鄭明析牧師の主日の御言葉
『頭は主だ。あなたたちは各肢体だ。
 引き上げの理想世界』より>

比べることができるようで、
人って本来は比べることはできないんですね。
一卵性双生児だとしても
同じではないとおっしゃいました。

そして、同じ御言葉の中で、

同じ兄弟でも、同じ家族でも、
同じ国で暮らしても、
各自「考えること、行なうこと、
行なう位置、する仕事」が違わなければ、
地球世界のすべての人間が存在することはできません。
みんな「同じこと」を考えて行ない、
みんな「同じ位置」で「同じ仕事」をしたら、
存在できません。

ともおっしゃっていました。

育児をしながら、
特に成長が遅いなと感じたりすると
焦ったり不安になったりしますが、
一人ひとりは違う個性体なんですね。
だから本来は不安がる必要も
焦る必要もないんですね。

私も「娘」という個性を
本当の意味で尊重しなければと
思いました。

そして…もし自分の存在価値に
悩む人がいらっしゃったら。

自分一人いてもいなくても、
同じように世界は巡るように見えたとしても、
神様から見たら、確実に
あなたという一人の存在がいるかいないか
というのはとても大きな問題だということを
どうか忘れないでください。