つれづれ

目を開けたら

パパがお祈りを終えて、
目を開けたら…

混ぜごはんが枝豆ごはんに
なっていました(笑)

娘は枝豆が大好きなのですが、
昨日今日で枝豆ごはん
(自分で剥いた枝豆をごはんに散らすだけ)
にハマったようです。

まだ3歳の娘。
目をつぶって祈ってるパパに
いたずらしちゃえというよりは、
自分が大好きなごはんを
大好きなパパにも食べて
喜んで欲しいという
純粋な気持ちだったと思いますが、
パパもママもビックリ(笑)

相手が喜んでくれたら、自分も喜ぶ。

こんな小さいうちから、
そういう感情ってあるんですね。
純粋な気持ちは
受け取る方も純粋に嬉しくなるなぁと
思いました。