つれづれ

口は  ~おおさかの摂理人、御言葉によると~

みなさんはおしゃべりは好きですか?

話し上手ですか?聞き上手ですか?

人と対話することって、簡単な様で難しいですよね。

ちょっとした一言で、人を傷つけたりしますよね。

故意ではなかったしても、一度、口をついて、出た言葉は取り返しのつかないことが多いですよね。

また、何でもかんでも話す人はあまり信用がないですよね。

本当に「口」一つの使い方ひとつで左右されます。

みなさんの周りにもいませんか?

噂話が好きで知りえた情報をよく話す人。そんな人には自分のことを話すことはできませんよね。

いつの間にか?自分のことが広まっているのではないかと心配になりますよね。

そんな人は・・・

たいてい、口が軽いですよね。

神様は口が軽い人をどのように見ていらっしゃるのか?

今日はその事について、御言葉を紹介します。

口が軽ければ、その口が「ちり紙」になる。

ちり紙はどこに使うのか。鼻をかみ、尻を拭くところに使う。

口が軽い人は「ちり紙」のように使われる。