つれづれ

行ないの祝福 @大阪人

4月15日。

今日は何の日でしょうか?

ある人は誕生日、ある人は大切な人の命日。

ある人は友だちと遊びに行く日。ある人は映画を見に行く日。

ある人は何でもない、いつもと同じ変わらない日。

同じ日、同じ時間を過ごすにしても、本当に多種多様です。

平和な日本だからこそ、そのような日常ですけど・・・

もしかしたら、人によっては今日は死なないで助かったと思っている人もいるだろうし、

わからないことも多いです。

皆さんは今日、どんなことをして過ごされましたか?

何かを行ない、残した人もいるでしょうし、楽しい思い出を作った人。

何かを得た人もいますよね。

行ないの祝福って、何だと思いますか?

みんな、置かれている状況が違いますし、価値観も違うから・・・

同じ祝福を得たとしても、それが祝福と気付かない人もいるのではないでしょうか?

その答えが何なのか?

それは学んでこそわかるでしょうし、

学んだことを行なうことで、実際に得ることをとおして、わかるのではないでしょうか?

価値観がわからなければ、得る喜びもないですよね。

ラジコンが好きでもない人に、ラジオンをあげても何の役に立つでしょうか?

ゲームに関心がない人にゲームをあげても何の意味があるでしょうか?

天国があることを理解して(信じて)いない人は天国に行きたいと願うでしょうか?

そしたら・・・

価値観がわかった人はどうするでしょうか?

一つのキッカケがあって、行なうならば、その事に感謝することで・・・

どんどん良くなっていくのではないでしょうか?

悪い時には悪いことが重なるものだという人がいますよね。

弱り目に祟り目。踏んだり蹴ったりとか?

では、良いことも重なるはずですよね。

一事が万事です。

どんな祝福なのか?神様がくださる祝福を得てみませんか?

 

神様の新しい歴史に来て生きても、

その御言葉どおりにちゃんと行なわなければ、

「時代の恩恵」だけを受けるのであって、

「行ないによる祝福」は受けられない。