つれづれ

やる気が出ないときの魔法の言葉――「もう少しだけ」

『もう少しよくできる能力』は誰にでもある。
その能力はどのように出てくるだろうか?
やりなさい!
やれば!その能力が「自分の体と考え」から出てくる。

<鄭明析牧師による主日の御言葉から>

脳には「海馬」という部分があって、
そこはやる気を司る部分なのだそうです。
「やる気さえ出ればやるんだけど」
なんてよく聞くセリフなんですが、
なんとその海馬、
「やらないと」やる気を出さない
んだそうです(TT)

ほら、掃除も面倒だと思っているけれど、
やり出すと意外と捗っちゃった、
なんて経験ありませんか?

たった一歩踏み出せばやれるように
神様が私たちの体を作ってくださったんですね。

やる気がなかなか出ないってこと
ありますけれど、
「もう少しだけ」
そう、掃除をしなければいけないのに
やる気がなくてできないとき、
目の前にあるティッシュを一つ
捨てるだけでもいい。

「もう少しだけ」
やることで、
状況を変え、環境を変え、
やがては運命を変えちゃうことが
できるのです。

今週、いつもだったら
諦めてやらないことでも
ちょっと頑張って
「もう少しだけ」の一歩を
踏み出してみたいと思います。