つれづれ

平和を成すには祈りと御言葉だ

先週、5日間ほど環境的な制約があり明け方に祈れず、御言葉も聞けませんでした。

そしてその制約がなくなったあと、祈りと御言葉の体質が弱まっているのを感じました。

それだけではなく、夫との対話の中で、(あ、一言多かったかな!)とか(あ、気に障ること言ったかな!)という場面が続けてありました。

それで喧嘩にはなったわけではなかったのですが、なんだか夫婦間の波長の微細なずれのようなものを感じました。

普段の平和な家庭生活は、あたりまえなのではなく、祈りと御言葉によって守られていたのだな~!と感じ、感謝する機会になりました。

世界の平和も、まずは一つ一つの家庭が平和でなければ成されないことです!

鄭明析先生が毎日世界のため、各個人のために欠かさず祈ってくださり、御言葉を送ってくださっていることが本当に大きいです!改めて感謝します!