NEWS

「安全」表示は本当に安全なのか?

タカタ株式会社自動車製品 (参照:タカタ株式会社HPより引用) かなりありますね^^ 何気なくつけているシートベルトが、タカタ株式会社製であることも多いと思います。(実際には、自動車メーカーに問い合わせてみないとわかりませんが。)   このタカタ株式会社の株主総会が2015年6月25日に行なわれ、その株主総会を終えた夕方の会見で、同社社長自らが、謝罪するということが有りました。 この問題は、タカタ社製のエアバッグが異常破裂し、米国を中心にこの破裂が原因で事故が発生し、判明しているだけでも死亡者が8名、負傷者が130名出ている事による問題です。 そして、この問題の原因、エアバッグがなぜ異常破裂するのかという原因はまだ特定できないないとの見解を、タカタ社は表明しています。   特許も取得しているタカタ社の製品ですが、『安全』を謳ってきた同社にとっても大きな衝撃となったことでしょうし、また自動車を普段利用している私たち一人一人にとっても非常に不安を募らせる衝撃的な出来事だと言わざるを得ません。   タカタ株式会社の是非は別としてこのブログでは取り上げません。 ただ、安全と言われながら、いつどこで何が起こるか分からないというのも、事実現実に起きてしまっていることだということも否定できません。 自分の身は自分で守る。 という考え方で生活していくことが必要になってきていることを痛感します。 自動車の利用を控え、公共交通機関や、できるだけ徒歩圏内での生活に切り替えてみても良いかと考えます(^^]]>