介護

冷たい手

 

一人の利用者さんとお話する時間を持つことができました。
寒そうにされてて、テーブルに乗っている
手を握ると冷たくなっていました。

「あったかいね」

と仰って嬉しそうに握り返してくださいました。

その後、いくつか言葉を交わし、しばらく沈黙しました。

沈黙の中、重なった手をみると、ふと<大事な人>と利用者さんが重なって、
思わず涙が出そうになりました。
疲れ、寒い中で冷たくなっていらっしゃるのではないかなと。

「手を握って温めてあげることなら私もできるな」

そんなことを思った今日でした。

愛で創造してくださった神様も、私たちからのそんなアプローチを待っていらっしゃるのかもしれないですね(๑╹ω╹๑ )

【詩】冷たい手

いつも着けているはずの手袋がなく

小さい手が、寒そうにしている

言葉は口にしないけど、

そばにいない恋人をさがしてるよう

寂しそうにしている

そっと、どこからか温もりがやってきた

はっと目を覚ますにきづく

あったかぃ

ずっと探していた温もり

自分が探していたものよりもずっと温かかった