介護

食べること

 

先日、久しぶりに食事介助をしました。

基本的には看護師さんにお願いしていますが、今回は介助する方が2人いらっしゃったため、

1人は私が担当させていただくことになりました。

担当した方は、食事をすくうことは難しいですが、スプーンに食事を乗せた状態でなら口まで運ぶ

ことができ、その後もちゃんと召し上がれていました。

おかずを召し上がると、

「おいしい!」

「あじがある!」

と仰っていました。

自分がつくった食事ではないですが、

そのように仰っているのを聞くと単純に嬉しかったです^ ^

他の日に、こんな話が出ました。

「食べる」という字を分解すると、

「人が良くなる」となる。

生きる上でも、健康な体を作っていく上でも、「食べる」っていうことが

どれだけ大切かを考えました。

利用者さんたちは、全員ではないですが、何か持病があり、向き合いながら生活されています。

もっと体に良いものを食べておけばよかったなぁとか。

お酒ばかり飲んでいたからこんな体になっちゃったんだよなぁ。

そういう後悔されている話もよく聞きます。

大きな病気のきっかけは生活習慣からきます。

運動や睡眠、様々なストレス、食事など、生活の積み重ねによってそれが病気のきっかけになります。

今は大丈夫と思って、体のことを気にせずになんでも食べていると、それはどんどん蓄積していっていずれ体が異常をきたします。

行なったとおりに報いるという話が聖書にも出てきますが、

自分の体、健康においても同じことが言えるなと思います。

皆さんが健康で長生きできるようお祈りします。

私も健康管理を気をつけよう。最近、運動不足( ´Д`)