社会人生活

苦手なプログラミングで逃げそうになった

心配し、悩んでばかりいたら、自信がなくなって、「自分の人生の運転」ができません。 <神様が約束し、願われる最高の時代>において神様と聖霊と主と一緒にやるから、やればみんなできます。 だから、自分を「落胆と自暴自棄と怠け」で縛っておくことをせずに、三位と主をぎゅっと握って行なわなければなりません。 やろうとしたら、神の力をもらって、超人になって、やれます。 2017年11月1日水曜礼拝の御言葉 鄭明析牧師   「怠惰と戦わないといけない」 このような感動が来て、もう少しエラーメッセージをくまなく読んでプログラムコードの修正にとりかかりました。   自分でも驚くほどの集中力で二時間ぶっ通しで作業をした結果、 見事にエラーメッセージの迷宮から抜け出すことができたのです。 これが御言葉の力であり、主と共にすることかと感心しました。 神様に感謝の祈りを捧げてから気分よく退社できました。   プログラミングが苦手なので作業スピードはとても遅いのですが、主と共にした時に時間の縮地が起こり、しるしを見ることができます。 遅いからといって、妥協することなく、諦めずに主と共に最善を尽くせば、必ず結果がついてくることを見せてくださったと信じています。 今回は小さい出来事ですが、積み重ねて大きなこともこのように最善を尽くしていく精神でおこなっていくべきですね。    ]]>