つれづれ

愛することの祝福 ~おおさかの摂理人、御言葉をとおして~

愛する。

言葉や文字では簡単に表せるけど、本当に奥の深いですよね。

本当の愛って、何だろうか?

誰しも一度は考えたのではないでしょうか?

「愛」

神様の愛は不変です。

そう考えると人間の心は何と変化しやすいものでしょうか?

女心と秋の空とか言いますが・・・

男性だとしても、同じですよね。

神様が私たちを愛してくださっている。

そのことの意味を私をはじめ、人はどれだけ深く、理解できているのでしょうか?

だからこそ、神様を本当の意味で、神様の求めていらっしゃる次元で・・・

愛することができたのなら、どれだけ、神様は満足してくださるでしょうか?

愛を受け取ってくださり、祝福をくださるのではないでしょうか?

<神様>を愛すれば、神様は「その人」をお選びになる。