農業

摂理の2ch 農作物盗難と手口!

12月に入り、1日1日と言う日がドンドン過ぎていきます!
職場で「あっと言う間に12月も終わるね~」と昨日話しました(^-^;)
そんな急行列車の様に過ぎていく時間!
11月もあっと言う間に終わってしまいました(*゜Q゜*)
この前まで収穫の秋だと思っていたらもう冬到来です!
さて、収穫の秋の期間である9~11月は恵みの時期でもありますが、緊張感を持たなければならない期間でもあります(@_@)
9月~11月は農作物盗難が多く、1年を通して約45.5%になるそうです!
被害品目別は野菜が最も多く、次いで米、果実の順になっています。
野菜では、いちご・すいか・メロン、果実では、ぶどう・なし・かきの順に被害が多いそうです(;´д`)
米泥棒で有名なのは、新潟県のコシヒカリ1トン盗まれた事件ではないでしょうか!
収穫当日、田んぼに行ったら、米が全て盗まれた事件です(;>_<;)
被害額もですが、収穫を楽しみにしていた農家の方の精神的ショックは大きいと思います(-_-;)
農作物盗難の手口の1つが農家の方の家から離れた圃場を狙う事です!
とは言えど、稲作等の工大な土地を必要とする場合は自宅のそばに置く事は不可能ですし、全てに監視カメラをつける事も不可能です!
見回りをする事も大切ですし、ハウス等で単価の高い野菜や果物を育てる方は鍵をつけたり、監視カメラをつけたりしているそうです!
もし、これから新しく農業を始める方は自宅のそばに圃場を設置すら事も1つの対策になるかもしれませんね(^-^;)
鄭明析牧師による一行メンター

マンデーより♪
今日も1日寒さに負けない様に頑張りましょう!
ワンクリックもお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
]]>