月明洞

考えを間違えば肉は無用のものだ

s__4505741 今、聖地WMDに向かう飛行機のなかでこのブログを書いています 飛行機にのりながら、ぼっーと窓の外を眺めて、機体の翼の部分を眺めてると先生の御言葉が思い出されました。 考えを間違えば肉は無用のものだ 私たちの行いは、私たちの考えからくるので、考えが核です。しかし、その核を間違えると、肉は無用だと言いました。 飛行機も同じだなと思いました。 こんなにおおきな機体をもっていながら、飛行機の核心である、エンジン(燃料?)がなければ、大きな機体も本当に意味がありません。 私たちの考えを先生の御言葉通り作って、肉体も価値あるように使いたいと、改めて飛行機を見ながら思いました。 それでは、ウォルミョンドンにいってきまーす。]]>