摂理メンバーが書いた記事

聖書を完読する話になり

この間、聖書をどれくらい読んだ?という他愛もない話になりました^^

バイブルスタディーを始めると、自然と聖書も読みながら学ぶのですが、

完読するとなると、実は結構、時間もかかり、

最初は難しいと感じる事もよく聞く話なんですよね。

 

社会人 女の子5人で、聖書完読の話が出たんです。

それぞれ、御言葉を学びだして数年経っている 女の子5人なんですが、

聖書の完読3回以上はまだまだハードルが高かったようです。

「新約は5~6回は読んだんですが、旧約が途中までで」

「バイブルスタディーで必要な所は、その都度、読んでいるんですけれど、飛び飛びで」

などなど。

忙しい社会人ですから、他にもすべき事があるなかで、ゆっくり聖書を読む時間というのは、

年々とりにくくなったりもしちゃうんですよね(;^ω^)

私もそうなんです。

 

20130902-2_Ja

聖書の創世記からヨハネの黙示録までを読んでみると、またこの時代までを見ると、

神様の歴史は絶対的な<条件‐対価>の歴史だった。

鄭明析(チョン・ミョンソク)牧師の御言葉より

 

人は忘れてしまいますから、繰り返し読んで学ぶことは大切です。

 

完読してこそ分かる事も多いです。

本当に<条件‐対価>です、歴史を学び、現在をより深く悟るようにもなるので、

少し、時間はかけつつも、完読(通読)は続けた方がいいですよね^^

個人的な感想では、

1回目より2回目。2回目より3回目。3回目より4回目…と、

読むたびに得るもの・感じるもの・悟るものが変わります。

 

分厚いと敬遠しがちですが……

その女の子5人とも「今年は聖書完読を◯回」と、

目標を決めて読んでみる事になりました^^

みなさんも是非~♫
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村